生前贈与・遺言などご生前の相続対策|藤沢の税理士「髙橋健太郎税理士事務所」

生前贈与・遺言などご生前の相続対策|藤沢の税理士「髙橋健太郎税理士事務所」

  • 0466-26-1212

    【受付】9:00~19:00 / 日祝定休

  • ご相談・お問い合わせ

生前贈与・遺言などご生前の相続対策

相続対策について

早めの対策が「円満な遺産分割」や「節税」に結びつきます。ご家庭に合ったオーダーメイドの対策をご提案します。

こんな事でお悩みではありませんか?

相続税のシミュレーション

我が家は相続税がかかるの??

まずは相続税の試算を行いましょう。財産や税負担の規模感、財産の内容を把握することで対策が見えてきます。

相続税のシミュレーション:10万円~

相続税の簡易シミュレーションができます

配偶者の有無、子どもの人数、財産額を入力すると、概算の相続税が分かる簡易シミュレーションができます。「相続税がどれぐらい掛かるのか気になる」「うちも相続税がかかるの?」などお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

生前贈与

孫に財産を遺したいけど…どうしたら?

現在の財産を生きている内に贈与する「生前贈与」。財産の種類は、現金や預貯金、不動産(土地や建物)、株式などの有価証券、宝石・絵画など様々です。贈与のタイミングは基本的にいつでも可能ですが、税務対応をきちんとしなければ、生前贈与に込めた気持ちや想いを実現できません。当事務所ではそれぞれのご相談者様の状況を的確に把握し、最小限のコストで想いを実現できるようサポートいたします。

贈与税の申告:2万円~

生前贈与のメリット

生前贈与は主に「暦年贈与」と「相続時精算課税制度」に分けられていて、どちらも確かな節税効果が期待できます。例えば暦年贈与ならば1年あたり110万円まで。一方で相続時精算課税制度は、累計2,500万円まで贈与税が課税されなくなります。(2500万を超えると一律20%の贈与税がかかります)。また特定の相手に向けて、財産を確実に承継したい場合も生前贈与は有効です。遺言と異なり、形式に不備があることで内容を実現できないなどのリスクを回避できます。

資産の整理

税負担を減らしたい!

相続税対策に関しては、それぞれのご依頼主様の状況に応じて「生前贈与」「各種控除の活用」「不動産活用」など様々な方法を活用できます。相続税は現預金だけでなく、不動産などすべての財産が対象です。手持ちの現預金だけでは納税がままならないことも珍しくありません。そこで当事務所では事前に課税遺産総額を計算し、資産の圧縮や組み換えなど効果的な節税方法をご提案しています。

資産整理の様々な方法

資産整理には様々な方法がありますが、代表的な節税対策をご紹介します。
1:生前贈与
事前に財産を親族に贈与し、相続財産を減らしておくことで効果的な節税対策を行う方法です。たとえば暦年課税ならば、年間の贈与額が「110万円以下」の場合は贈与税がかかりません。
2:不動産活用
「財産を減らす」もしくは「物件の評価を下げる」が節税の基本的な考えです。不動産の場合は、貸付用の物件だったり、小規模宅地の特例制度が適用できたりする場合は相続税評価額を減らせる可能性が高まります。
3:様々な控除を利用
相続人の属性によって様々な税額控除が用意されています。大きく分けて「配偶者控除」「未成年控除」「障碍者控除」「相次相続控除」「贈与税額控除」「外国税額控除」の6つです。当事務所では状況に応じて最適な控除方法を検討提案いたします。
4:その他節税
ほかにも「養子縁組を活用した相続税対策」「海外に移住した場合」「生命保険を活用する方法」「お墓や仏壇を購入(生前)」など様々な相続税対策があるため、気になる事があれば一度税理士にご相談ください。

納税資金対策

相続税払えないかも…!?

相続が起こった際の税金や諸費用、今後の生活資金、相続後の家族資金など納税資金を計画的に準備することは重要です。相続する資産によっては、手持ちの現預金だけでは相続税が払えず、不動産の売却などが必要になることがあります。具体的には資産構成に関して換金性の高い不動産などの割合を大きくしたり、更地を有効活用したりと様々な方法があります。

納税資金が足りない場合の解決方法

当事務所では、必要となる納税資金を事前に計算し、相続人の資産(現預金・生命保険金など)も合わせてチェック。相続税を支払うのが難しいと判断した場合は、資金準備のアドバイスを行うのが特徴です。 解決方法としては以下のようなものがあります。短期的なものから長期的なものまで幅広く、どれも細かな規定があるため、一人ひとりの状況に応じて細かくサポートしていきます。
※具体例
・相続資産の売却
・生前贈与制度の利用
・生命保険への加入
・土地活用(賃貸や譲渡)
・銀行からの借入
・死亡退職金・弔慰金を活用

遺言

遺言書を書きたいのだけど…

遺言書には、大きく分けて「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つがあります。遺言書の作成は後回しになってしまいがちですが、遺言があると無用なトラブルを避けられます。「何かしらの事業をしている」「相続財産の内容が不動産メインである「特定の人物にのみ相続をさせたい」等をご検討の方は、専門家の立場からみて遺言書をのこしておく事をお勧めいたします。

税理士に遺言書作成を依頼するメリット

遺言書には様々な効力があります。「相続人同士の争いを抑えられる」「遺産分割方法について悩まなくて良い」「遺産分割協議をする必要がない」などが代表例です。家庭裁判所での検認がなければ内容がわからないなどの手間はありますが、メリットのほうが上回ると言えます。
遺言書の内容を適切に遂行するためにも、遺言書の作成は専門家に頼んだほうが良いのは間違いがありません。なかでも税理士に相談した場合、相続税が絡んでいるケースに対して適切に対処できるのが大きなメリットです。遺言書作成、生前対策、相続税申告などそれぞれの分野に対しても、税金の専門家だからこそ一貫した対応が可能です。

最新のコラム

ページトップへ戻る