相続税の申告・遺産分割など(ご相続税が発生している方)|藤沢の税理士「髙橋健太郎税理士事務所」

相続税の申告・遺産分割など(ご相続税が発生している方)|藤沢の税理士「髙橋健太郎税理士事務所」

  • 0466-26-1212

    【受付】9:00~19:00 / 日祝定休

  • ご相談・お問い合わせ

相続税の申告・遺産分割など(ご相続税が発生している方)

相続手続き

ご相続はご家庭によって様々です。節税だけでなく、円満なご相続に導きます。

こんな事でお悩みではありませんか?

まずは相談

相続が起こったけど何をしたらいいの…? 税理士?司法書士?だれに頼めばいいの?

弁護士、司法書士、行政書士など、ご相続に関係する専門家がおりますが、まずは税理士にご相談して頂くのがよいと思います。相続税は期限がありますので、早めのご対応が大切になります。 今後の流れや必要書類などについてご案内します。

初回につき、ご相談は無料

相続手続き全般

相続税がかからないとしても「ご相続のお手続き」は避けては通れません。戸籍収集から遺産分割協議、名義変更までワンストップでご案内します。

相続手続き費用:1万円~

相続税の申告

相続税の申告はどうすればいいの…?

お亡くなりになった方の財産を相続した際には税金がかかります。その税金を税務署へ適切に申告することが「相続税申告」です。どれが財産に該当するかを正確に把握し、漏れなく申告しなければいけません。また、価値の算定に関しても、申告ルールに従って算出をする必要があります。少なく申告した場合や漏れていた場合は「追徴課税」の恐れがあるため、専門性の高い相続税の申告に関しては税理士選びが重要になってきます。

計算は厳密に行う必要があります

他の税金と異なり、相続税は自動で通知されるわけではありません。税法に従った計算が必要となり、税理士によって納税金額が変わります。特に厄介なのが不動産の評価です。一般的な「路線価」や「固定資産税評価額」以外にも、住居の種類、道路幅や傾斜等の環境などをもとに不動産の評価を算出する必要があります。税理士の中でも得意・不得意が分かれる項目です。

申告期限について

相続税の申告・納税には期限があります。死亡日の翌日から10ヶ月以内に申告・納税を行うのが一般的です。もし申告期限を忘れてしまった場合、延滞税や無申告加算税などが追加で加算されます。これは通常の相続税額に上乗せされるペナルティなので、申告・納税は早め早めに行うように注意しましょう。

相続性の申告は当事務所まで

税理士によって答え(税額)が大きく変わる相続の申告に関して、無駄なく最短距離でゴールまでお手伝いします。「どのような資料が必要なのかわからない」「申告書を作成していたが途中で挫折した」「将来の相続(二次相続)も含めて細かく相談を行いたい」などでお困りの場合は、当事務所までお気軽にご相談ください。

遺産分割

遺産分割とは何か

遺産分割は主に、お亡くなりになった方が遺言書を残していなかった場合に必要となる手続きです。相続人が複数いる場合は、何も手続きを行わないと相続財産は共同で管理している状態になります。もし、個々人で財産を所有する場合、法定相続分や指定相続分に応じて遺産分割を行わなければいけません。

なぜ遺産分割が必要か?

遺言が残っている場合には、遺産分割が必要となるケースはほとんどありません。基本的には遺言書通りに財産を分ければ良いからです。また、相続人が一人のケース、もしくは遺産が預金のみの場合などもトラブルはほぼ発生しません。
問題となるのは、遺書が存在しておらず、土地や建物(不動産)が遺産に含まれている場合です。これは相続人同士で不動産を共同管理している状態。物件を売却したり、人に貸したりする際は、相続人全員の同意を得る必要があり、意見の違いが発生することが多々あります。

遺産分割の方法

遺産分割の方法は遺言書の有無によって変わります。遺言書がある場合は、遺言通りに遺産を分割していきます。注意する必要があるのは、遺言書の形式がきっちりとルールに則っていること。内容に不備があると、効力が認められないので専門家のチェックを挟むのがおすすめです。
遺言が存在しない場合には、相続人全員が話し合いを行います。そのうえで遺産をどのように分けるのか等の内容が記された「遺産分割協議書」を作成します。

遺産分割の相続は当事務所まで

遺産分割は必ず行わなければいけないものではありません。しかし、不動産を共同管理にしておくと、長い目で見て様々なリスクに繋がります。
なぜなら遺産の分け方については法律で明確なルールが存在していないため、今は問題がなくても後で問題となり、話し合いが泥沼になるケースがあるからです。実際に遺産分割協議で話がまとまらないと、話は家庭裁判所に移行します。「相続」を「争族」にしないよう、相続する土地や建物がある場合は早め早めにご相談ください。

ページトップへ戻る